痩せすぎ女子を男子は好きじゃない!魅せるメリハリボディをあなたのものに!

痩せすぎに悩んでいませんか?

「先輩、また痩せました?いいなぁ。羨ましいです。私も先輩のように痩せたいです!」なんて言われて、いい気になっていても、痩せた身体をいいな・・・と思っているのは、女子だけかもしれません。

「私、ダイエット始めたの!」「ええ、全然太ってなんかいないのに・・・」「ううん、あと3㎏は痩せたいの!」・・・女子間のこんな会話、よくありますよね?ダイエットを始めたという人は、全然太っていないどころか、痩せすぎって感じなのに、「まだ痩せたい!もう少し痩せたい!」って思って、ダイエットを始めます。女子の中には、全然太っていないのに、「痩せ願望」があるんですよね?

でも、ちょっと鏡にあなたの姿を映してみてください。棒のような体つきじゃないですか?出っ張っているところは出っ張り、くびれているところはくびれている、というのが、本来、女性らしい体つきじゃないでしょうか?

ツイギー(って、知ってます?ずいぶん昔のイギリスのモデルさん)って、「やせっぽっちの女の子」ってイメージでした。それまではけっこう、みんな、ふくよかな体つきだったのに、ツイギー(英語のtwig「小枝」から名づけられました)に、あこがれるようになったんです。痩せている=かっこいいというイメージが広がったんですね。

パリコレなどのモデルも一時、極端に痩せたスレンダーボディがもてはやされましたが、痩せすぎモデルが拒食症などで亡くなった後、ディオールなどは、あまりに痩せすぎたモデルは使わないと決めました。

時代は、痩せすぎ女子を求めていません。痩せすぎ女子を求めていないのは、時代だけじゃなく、実は、男性もだったりします。

痩せすぎになる原因は?痩せすぎの影響は?

周りの人から見れば、全然太っていないのに、「私、太っちゃった」なんて言う人がいるように、痩せすぎ、太りすぎって、すごく主観的なような気がします。

そもそも、痩せすぎに基準があるのでしょうか?BMIって聞かれたことがあると思います。これは、痩せすぎや肥満をチェックできる数字です。体重(㎏)÷身長(m)の2乗で求めることができます。

注目

BMI<18.5  低体重

18.5<BMI<25.0 標準体重

25.0<BMI 肥満

BMIが22は、健康体重と言われ、最も病気にかかりにくいと言われています。

いくらダイエットをしても痩せないと悩んでいる人がいる一方で、特に何もしていなくても太れない、痩せるという人もいます。その原因とは何でしょう?

夏バテで、食べられなくて痩せていく人がいます。食中毒や胃・十二指腸潰瘍、糖尿病などの病気の人も太ることができません。

そんな重大な病気でない場合でも、栄養素を吸収する力が弱い体質の方も体重が増えないどころか、痩せていくこともあります。

また、ストレス、うつ病などの精神的なトラブルが体重減少を引き起こすこともあります。

痩せすぎている人に共通のトラブルとして考えられることは、冷え性、疲れやすい、風邪をひきやすい、貧血、生理不順などがあります。思い当たることはありませんか?

女子間の「○○さんは、痩せていてかっこいいですよね」の言葉に乗せられて、不必要なダイエットに励むのは、もってのほかです。

さらに、「どんどん痩せられて、うれしい」なんて喜んでいたら、実は、病気が原因だったなんてこともあります。

自分の適性体重、標準体重を知っておくことはとても大切です。

こうすれば、痩せすぎを脱却して、適性体重に!

痩せすぎにもいろいろな原因がありました。なにか重大な病気が原因で、太れない、体重が減り続けるという場合は、その病気の治療が第一ということは言うまでもありません。

では、そうではないのに、太れない、体重が減り続ける人の対策としては、どうすればいいのでしょうか?

ストレスやうつなど精神的なトラブルを抱えている場合も、そのトラブルを解決するようにしましょう。睡眠不足などの生活習慣の乱れや偏った食生活など、思い当たる点はありませんか?もし、思い当たる点があれば、生活全般を整えるようにしましょう。

太陽の光を浴び、新鮮な空気を吸い、体を軽く動かすだけでも、ずいぶん効果がありますよ。小鳥の鳴き声を聞きながら、ウォーキングはどうでしょう?

なにより、バランスの良い食事を摂るようにしましょう。炭水化物は太るからなどと言っていないで、炭水化物も動物性たんぱく質も、食物繊維やビタミン、ミネラル豊富な野菜などをまんべんなく食べるようにしましょう。

特に、野菜は、ニンジン、ブロッコリー、ホウレンソウ、ピーマン、トマト、カボチャなどの緑黄色野菜をいろいろな種類で摂れるといいですね。

これらの野菜は、ビタミン、ミネラルに加えて、食物繊維も豊富です。腸内環境を整え、毎日、すっきりとした朝を迎えることができます。

そして、せっかく健康のための食事ですから、残留農薬や放射能チェックを受けた、安心、安全な食物、野菜であることが大切です。

生活習慣を整え、食生活を正し、適度に運動すれば、食欲も増し、自然な形で、適正な体重になっていくことでしょう。

ぜひ、生活を見直すところから始めてみてください。

これで、魅せるメリハリボディをあなたのものに!

女子間では、痩せている=憧れみたいな感じになりますが、実は、一般的に、男性は、痩せすぎ女子を決して好きではありません(もちろん、好みの問題ですが)。針金のような女の子を抱きたいと思いますか?やっぱり、「ボンキュッボン」の出ているところは出ている、くびれているところはくびれているメリハリボディの女子が好きなんです。

生活全般を整えて、痩せすぎを解消し、魅せるメリハリボディを目指しましょう。

ここでご紹介するのは、野菜屋さんが作った「ドクターベジフル青汁」です。「えーっ?!青汁なんて、無理!無理!」なんて思いませんでしたか?

この「ドクターベジフル青汁」は、九州の野菜だけで作った青汁で、野菜嫌いな方でもゴクゴク飲めるおいしさなんです。

痩せすぎを解消するためには、食生活を正すということが大切でしたね。特に、たくさんの種類の野菜を食べることが、腸内環境を整えるという意味で重要です。でも、なかなかいろいろな野菜を用意して食べるというのは難しいです。

ところが、「ドクターベジフル青汁」には、ホウレンソウ、トマト、カボチャ、レタス、小松菜、紫イモ、ニンジンなど、九州産の野菜がなんと21種類も使われています。もちろん、青汁に必要なケール、大麦若葉、桑の葉も配合されています。

「ドクターベジフル青汁」は、健康雑誌「からだにいいこと」2019年8月号で、管理栄養士が選ぶ話題のサプリメント8選で第一位に選ばれました。モンドセレクションも受賞しているおいしい青汁です。

「ドクターベジフル青汁」で腸内環境を整え、食生活を正すなら、野菜不足が解消され、毎日のスッキリが整えられます。これで、痩せすぎを解消する第一歩を踏み出せます。

まとめ

痩せすぎは、健康にも良くないですし、実は、見た目もよくありません。そして、なにより、男性からは好まれません。

「ドクターベジフル青汁」で健康な体、メリハリボディを手に入れてください。痩せすぎで神経質そうな女の子より、健康的で明るく元気な、ボンキュッボンな女の子の方が、きっともてます!ぜひ、試してみてください。成果に驚かれるはずです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました